UGGブーツの公式通販

2003年 UGGはとてもファッショナブルものへとイメージチェンジに成功します。ハリウッド女優のケイト・ハドソンやシエナ・ミラーらが履いたことで一躍注目を集め、アメリカ国内で大流行します。その後キャメロン・ディアス、パリス・ヒルトン、ジェシカ・シンプソン、アヴリル・ラヴィーンなど数多くの有名人が着用しました。 「アメリカUGG」は日本のデパートやモールでよく見かけるブランドです。これに対して、正規UGGを生産しているメーカーの多くが存在しているのは、UGG発祥の地オーストラリアです。

アグに使用される良質のシープスキンは防水性も高く氷点下の環境にも耐え得る性能と、 湿気を逃がし「夏でもムレない」といった性能を兼ね備えています。 アグ キーホルダー 大手スポーツメーカーのほとんどのシューズのソールに採用されている素材です。通常、ラバー素材(ゴム底)と比較されますが、メリットは何といっても「軽量」という事です。ラバー素材(ゴム底)に代表される、いわゆる登山靴やワークブーツの「ズッシリ感」はなく、見た目よりはるかに軽量でカジュアルな履き心地です。 UGGアグ オーストラリアの縫製技術とも一流ですので、作り上げれらたブーツはとても丈夫で、しっかりした良い物を選び、皮製品に共通する基本的なメンテナンスをすれば何年も履き続ける事ができます。

シープスキンブーツ とは言え、「UGG Australia」の人気度は飛び抜けて高く、近年のトレンドでアグブーツといえば自ずと「UGG Australia」を意味することが多いでしょう。それも、有名セレブたちが「UGG Australia」を愛用していることがきっかけです。 ugg クラシック ショート UGG AUSTRALIAは、1978年にオーストラリアのサーファー、ブライアン・スミスがスタートさせたブランド。フットウェアからスタートしてはいるものの、今では"Comfortable(快適な), Luxurious(贅沢な), Natural(自然の), Basic (定番の)"をキーワードに、バッグやインテリアなど、上質なライフスタイルを提案するまでに成長。

UGGブーツ人気ランキング

シープスキンのリーディングブランドとして、世界的な支持を集めています。 ugg シープスキン ブーツ 定番として愛されているニットブーツ。色違いでコレクションする人も多い人気アイテムです。伸ばして履いたり、折り返してみたり、コーディネイトにあわせて丈をアレンジできるアイテムです.

中敷きにはシープファーのフットベッドを使用しています。 いつになく厳しい寒さが続くこの冬。それでもなかなか厚着ができない足元を冷えから守り、ぽかぽかに保ってくれる心強い救世主がいます。ハリウッドセレブが愛してやまない、UGG AUSTRALIA(アグ オーストラリア)のシープスキン・ブーツです。